カルドセプト クロニクル | カルドセプト オフィシャルサイト
Culdcept 10th Anniversary Logo
Thank you for
all your support!

Thanks to all our fans,
we’re celebrating
our 10 year anniversary!

Culdcept 10th Anniversary

The first Culdcept® was released on October 30, 1997.

誕生日を前に、この10年を「ヘイスト」ばりのスピードで駆け抜ける!

カルドセプト クロニクル

Culdcept Chronicle

あれから10年。まさに光陰矢のごとし。SS×PS×N64の戦いは終わり、DC×PS2×GCの戦いですら、すでに懐かしい出来事。『カルドセプト』を生んだ“大宮市”はさいたま市となり、はや6年である。しかし、多くのファンに支えられ、『カルドセプト』は生き抜いた。その生き様を、時代と共に振り返る。

2004 is RECALLED

79年振りに発生した鳥インフルエンザウイルスが、猛威を奮った2004年。

「冬ソナ」「セカチュー」「いま会い」と、韓流&純愛ブームは加速。北島が「チョー気持ちいい」と金メダルを獲得すれば、ハルウララは負け組・負け犬の期待を一身に背負いながらも連敗記録を伸ばし、着流しの細目は「って言うじゃない…」と世相を斬っていく。

オリックスと近鉄の球団合併に端を発したプロ野球再編問題は、ヒルズ族のライブドア、楽天を巻き込み、ダイエー再建、西武鉄道上場廃止も相俟って泥沼化。日本プロ野球史上初のストライキにまで発展した。伝統と革新がせめぎ合う中、新規参入球団の承認により事態は沈静化する。

ゲーム業界では、第7世代ハードの情報が乱れ飛ぶ中、ファン待望の『DQVIII』が発売となり、PS2史上最高の売上を記録。そして年末には新たな携帯ハード、NDSとPSPが登場した。

『カルドセプト』は初の海外大会、韓国大会を経て、しばしの情報休眠に入った。

01/13PS2、全世界生産出荷累計7,000万台を達成。
02/14ファミコンミニ(GBA)シリーズ発売開始。GBA SPのファミコンカラーも発売開始。
02/22韓国版大会「2003-04 Culdcept II Exp. Cepters’ Battle」開催。個人戦優勝はギョンドイ君氏、団体戦優勝はリュウヅ氏・wraith氏の組む「H2ギルド」チーム。
02/29日本テレビが汐留の新社屋に移転。
03/11『モンスターハンター』(PS2)発売。
03/13東京ヴェルディ1969所属(当時)の森本貴幸がデビュー。Jリーグ公式戦出場最年少(15歳10ヵ月6日)記録を樹立。
03/22ハルウララに武豊騎乗。高知競馬史上最高の入場者数・総馬券売上を記録。
03/26「ニュースステーション」(テレビ朝日系)が18年6ヵ月の放送を終了。
04/01帝都高速度交通営団が民営化。東京地下鉄=東京メトロ誕生。
04/03「冬のソナタ」地上波(NHK総合)で放送開始。韓流ブームを加速させる。
04/08しずおか国際園芸博覧会「浜名湖花博」開催。来場者は540万人を超える。
04/23コミック版「Culdcept」第4巻(かねこしんや著)発売。
05/07「世界の中心で愛をさけぶ」(片山恭一著)が251万部を突破し、国内小説の最大発行部数を記録。
05/18PS及びPS oneが、家庭用ゲーム機史上初の全世界生産出荷累計1億台を達成。
08/11おさる、モンキッキーに改名を発表。
08/13アテネ・オリンピック開幕。日本は金16個など過去最多のメダルを獲得。
10/01イチローがメジャー年間最多安打記録(257安打)を84年振りに更新。262安打まで伸ばし、史上最高記録を樹立。
10/30『オシャレ魔女 ラブandベリー』がアミューズメント施設に登場。
11/011万円、5,000円、1,000円の新紙幣が発行される。
11/02東北楽天ゴールデンイーグルス誕生。日本プロ野球50年振りの新球団。
11/27『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』(PS2)発売。
12/02ニンテンドーDS発売。価格は1万5,000円。
12/12プレイステーション・ポータブル発売。価格は1万9,800円。
12/24福岡ソフトバンクホークスの誕生が決定。加盟申請がオーナー会議で承認される。