カルドセプト クロストーク season1-4 | カルドセプト オフィシャルサイト
Culdcept 10th Anniversary Logo
Thank you for
all your support!

Thanks to all our fans,
we’re celebrating
our 10 year anniversary!

Culdcept 10th Anniversary

The first Culdcept® was released on October 30, 1997.

カルドのすべてを知る2人が語り合う。「タイムボム」を踏むのはどっちだ!

カルドセプト クロストーク season1-4

Culdcept Cross Talk SEASON 1

『カルドセプト』を生んだ大宮ソフト代表“鈴木英夫”と、『カルドセプト』の裾野を広げたタイトルプロデューサー“武重康平”が、10周年を振り返り、改めて『カルド』を見つめ直します。出会いの場面から始まったトークは、気づけば5時間超!? 他では聞けない秘話も続々披露。7回に分けてお届けします!

第四回:『セカンド』の夜は更けて…。
武重
次が『プラス』ですね。
鈴木
この頃は、廉価版っていうのが定着してきて、棚も増えてましたよね。
武重
『エキスパンション』から間が空いてしまったので、『セカンド』に向けてプロモーションの山を作る意味も含めて、是非やりたいなぁと。
鈴木
開発の方は、順調に押してましたし。
武重
どうしてもやりたかったのが、マップの追加ですね。当時の中古価格よりちょっとだけ安くして、さらにお得だという。
鈴木
対戦相手が少ないセプターは「友達に買って渡そう!」なんて話してましたね。
武重
全国大会をやることは決めて、そこで『セカンド』の発表もする。すると大会でユーザーが盛り上がっている感じを、マスコミを通して宣伝できるという。戦略的商品でした。
鈴木
実際、友達に配るように買った人もいたみたいで。ありがたい話です。
武重
『セカンド』はもうず~っと作ってましたよね。
鈴木
1年くらいカード作画先行でスタートして、その後、実質1年半以上かな。みっちり作ってました。
武重
企画開始からいけば、2年半ですね。
鈴木
とにかくオンライン対応というのが未知数でしたね。
武重
DC自体、ネットをかなり意識したハードでしたから、外せなかったです。
鈴木
実際、接続率自体はどうなのかっていうドキドキ感はありましたが。
武重
ただ「クラスに僕しかセプターがいないんです」なんて話を聞くと。
鈴木
もうオンラインしかない気はしていたので、開発を始めたんですが…大変でした。
武重
オンラインの開発環境も流動的でしたしね。
鈴木
作り手からすると『カルド』って、例えば麻雀ゲームにちょっと毛の生えた感じだから、アリもののシステムにポコッとはめこめばいけるんじゃないかと。
武重
「ウチの麻雀ゲームで培ったネットワークでどうぞ」なんてね。
鈴木
実際、セガさんに伺って話をすると「そんな中身なんですか」と。
武重
「少し考えないといけませんね」と言われ。
鈴木
そんな形で、セガさんの用意して頂くネットワークエンジンの出来上がり、安定を待ちつつ。
武重
本当、最初から大変だろうとは思ってましたが。
鈴木
どんどん大変になって(笑)。
武重
完成日の再設定を、2~3回やりましたかね。
鈴木
毎回、これでもう大丈夫ですよ、これだけ延ばせば大丈夫ですって。
武重
言ってましたね。
鈴木
大容量化の指数関数的複雑さとボリュームアップに引きずられまして、色んな意味で『セカンド』は大変でした。
武重
大会の経験値も得て、僕の方からこういうのが欲しい、ああいうのもあればと。どんどん仕様に組み込んで頂きまして。
鈴木
そうですね。当然対戦はできなきゃ、マップも追加で配信だって。だから伝染したんですよ、MFさんのイケイケな感じが。
武重
観戦もありましたよね。ユーザーが「あっ試合やってるんだ」とログインして、それを皆でチャットしながら観るという。
鈴木
それは当時あったネットワークエンジン的な仕様の範囲を超え過ぎるという話で、断念したんですよね。
武重
とにかくDCというハードが生まれる前からスタートして、残念ながらハード終盤のタイトルになってしまい。
鈴木
ずっと開発してましたね。
武重
完成までに、ちょっとDCが予想の動きをしなかったんですよね。けっこうサラリーマンとしては、ヤバイなぁと。ビジネス的には成功させないといけないので。色々と交渉したり・・・
鈴木
いまだにいいハードだと思うんですよ。
武重
『セカンド』は本当にてんこ盛りで、対戦はもちろん、AI、リプレイと要素は多いですし。
鈴木
中身的には、まぁ細かい不満があるはあるんですが、思っていた機能はひと通り殺さず、開発しきった感じはありました。
武重
それらをどうユーザーに遊んでもらうか、どうプロモーションするのかを考え抜いて、やはり「繋いでもらう」ための作戦を練りました。
鈴木
まず予約特典で、レアカード「レオナイト」の配信を決めたんですよね。
武重
発売後の反響は良かったですね、予想以上。最初の1ヵ月は無料でしたし。
鈴木
そうですね、サーバー管理の方から「普通、これくらいの本数なら、これだけのサーバーで大丈夫ですよ」っていわれて。サーバー数も少なめだったんですよね。
武重
「え~っ」て話をしましたよね。
鈴木
案の定、初日で落ちて。「至急増やします~」と。見くびってたんか~って(笑)。
続きます!