カルドセプト クロニクル | カルドセプト オフィシャルサイト
Culdcept 10th Anniversary Logo
Thank you for
all your support!

Thanks to all our fans,
we’re celebrating
our 10 year anniversary!

Culdcept 10th Anniversary

The first Culdcept® was released on October 30, 1997.

誕生日を前に、この10年を「ヘイスト」ばりのスピードで駆け抜ける!

カルドセプト クロニクル

Culdcept Chronicle

あれから10年。まさに光陰矢のごとし。SS×PS×N64の戦いは終わり、DC×PS2×GCの戦いですら、すでに懐かしい出来事。『カルドセプト』を生んだ“大宮市”はさいたま市となり、はや6年である。しかし、多くのファンに支えられ、『カルドセプト』は生き抜いた。その生き様を、時代と共に振り返る。

2001 is RECALLED

傷みを伴う聖域なき改革が、これまでの価値観を揺るがしていた、2001年。

小泉ワイドショー内閣が日本国内に旋風を巻き起こせば、海を渡った侍イチローは、いきなり242本のヒットを叩き出し、メジャーリーグを席巻。大手銀行や市町村は統廃合を推し進め、東西には新たな夢の国がオープン、サッカーくじ「toto」の販売も始まった。その裏で、時代を築いた「FOCUS」誌はひっそりと姿を消す。

ゲーム業界では、第6世代ハードの先陣を切ったセガ陣営より、年始早々に電撃発表。なんと3月期を持ってのDC生産中止が伝えられた。これを追い風に、待望のキラータイトル『ファイナルファンタジーX』が発売されたPS2が、ぐんぐんとシェアを拡大。第6世代のトリを飾るGCは9月に市場投入された。

この状況化でようやく姿を見せたのが、ファン待望の完全新作、『カルドセプト セカンド』である。オンライン機能をフルに活用し、息の長い遊びの提供を狙うも、まさかのハード撤退宣言に抗う術は無く…。

01/08「HERO」(フジテレビ系)放映開始。全11話。各話視聴率30%超(関東地区)を記録。
01/13カルドセプト エキスパンション・プラス発売記念公式全国大会「オールジャパンセプターズカップ2001」予選大会が全国のサポーターズショップでスタート。
01/31セガが家庭用ゲームビジネスでコンテンツ事業に特化することを発表。DCハード生産中止を決定。
03/04カルドセプト エキスパンション・プラス 発売記念公式全国大会「オールジャパンセプターズカップ2001」本戦大会開催。優勝はひげぶちょー氏。
03/21ゲームボーイアドバンス発売。価格9,800円。
03/23プレイステーション2、全世界生産出荷累計が1,000万台突破。
03/31ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが大阪市にオープン。
04/06『ファンタシースターオンライン』(DC)のネットワーク会員登録者が全世界で23万5,000人に。(国内13万人)
05/01浦和、大宮、与野の3市が合併し人口103万人の「さいたま市」が誕生。
06/20オフィシャルサイト全面リニューアル。「セプター友の会」に変わり「オールセプターズネットワーク(ACN)」が発足。
07/04「カルドセプト セカンド」オリジナル・サウンドトラック 発売。
 リアルカード「リリス」付。
07/12『カルドセプト セカンド』(DC)発売。
07/12カルドセプト セカンド 公式ガイドブック(メディアファクトリー)発売。
リアルカード「グラディエーター」付。
07/19『ファイナルファンタジーX』(PS2)発売。
07/20映画「千と千尋の神隠し」公開。第75回アカデミー賞長編アニメ賞受賞。興収304億円で「もののけ姫」を破り日本歴代トップを記録。
09/04東京ディズニーシーがオープン。
09/06カルドセプト セカンド 公式完全ガイド(エンターブレイン)発売。
ファミ通の攻略本。
09/14ニンテンドーゲームキューブ発売。メーカー希望小売価格は2万5,000円。
10/17カルドセプト セカンド発売記念公式全国大会「オールジャパンセプターズカップ2001」予選大会が、ネット予選を皮切りにスタート。
11/02カルドセプト コンプリート イラストレーション(メディアファクトリー)発売。豪華クリエイター競演の画集。
11/17iPod発売。
11/21『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(GC)発売。GCソフト国内唯一のミリオンタイトル。
11/22コミック版「Culdcept」(かねこしんや著)第2巻発売。
12/23カルドセプト セカンド発売記念公式全国大会「オールジャパンセプターズカップ2001」本戦大会開催。優勝はTARE氏。