カルドセプト クロニクル | カルドセプト オフィシャルサイト
Culdcept 10th Anniversary Logo
Thank you for
all your support!

Thanks to all our fans,
we’re celebrating
our 10 year anniversary!

Culdcept 10th Anniversary

The first Culdcept® was released on October 30, 1997.

誕生日を前に、この10年を「ヘイスト」ばりのスピードで駆け抜ける!

カルドセプト クロニクル

Culdcept Chronicle

あれから10年。まさに光陰矢のごとし。SS×PS×N64の戦いは終わり、DC×PS2×GCの戦いですら、すでに懐かしい出来事。『カルドセプト』を生んだ“大宮市”はさいたま市となり、はや6年である。しかし、多くのファンに支えられ、『カルドセプト』は生き抜いた。その生き様を、時代と共に振り返る。

2000 is RECALLED

慎吾ママが「おっはー」と笑顔を振りまく中、21世紀を目前に控えた世界は、ミレニアムブームに沸いていた。

米国ではITバブルが弾けるも、日本ではようやくIT企業が注目を集め、景気は緩やかながら回復基調を保つ。

20世紀最後のオリンピックは、44年振りの南半球開催。ヤワラちゃんは「最高で金、最低でも金」の宣言通り、悲願の金メダルを獲得。Qちゃんは、日本女子陸上競技初の金メダルを獲得した。「めっちゃ悔し~い」でスポットを浴びた銀メダルの彼女は今、どうしているのだろうか?

ゲーム業界では、ついに第6世代ハードの本命PS2が登場。3万9,800円の高額ながら、低価格DVD再生機としての評価は高く、「マトリックス」と共に各家庭へと浸透。最終章に入ったPSでは、ようやく発売された『DQVII』が予想通りの大ヒットを記録した。

追加データを満載した廉価版『プラス』を投入した『カルドセプト』は、次の航海へ、着々と準備を進めていた。

01/10成人の日。ハッピーマンデー制度適用後、はじめての祝日。
01/16「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」(TBS系)放映開始。全11話、最高視聴率41.3%。
01/19ヤフーの株価が日本株価市場初、1億円の大台に乗る。
02/03『バイオハザード コード:ベロニカ』(DC)発売。
02/06大阪府知事選挙で太田房枝氏が当選し、全国初の女性知事が誕生。
02/13グリコ・森永事件が時効となる。
03/04プレイステーション2が発売。発売開始から3日間で、累計販売台数98万台を記録。
03/17DVD「マトリックス 特別編」発売。PS2を牽引し、大ヒット。
03/31SPEEDが解散。
05/18ストーカー行為規制法案が第147回通常国会にて成立。11/24より施行される。
07/07『ファイナルファンタジーIX』(PS)発売。
07/21第26回主要国首脳会議(通称九州・沖縄サミット)開催。これに向け二千円札が発行される。
08/26『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』(PS)発売。400万本を越え、PS国内最大のヒット作となる。
09/15シドニーオリンピック開幕。高橋尚子、田村亮子らが金メダル獲得。
09/22コミック版「Culdcept」(かねこしんや著)第1巻発売。
09/30TSUTAYAがドリームキャストソフトのレンタルを本格的に開始。
10/10電気を通すプラスチックの発見・研究で、筑波大の白川英樹名誉教授がノーベル化学賞を受賞。
10/28ON対決となった日本シリーズで、長嶋巨人が日本一となる。
11/30『カルドセプト エキスパンション・プラス』(PS)発売。
12/08新型プレイステーション2(SCPH-18000)発売。DVDリモートコントローラ同梱。
12/09ワンダースワンカラーが発売。
12/12都営地下鉄大江戸線が全線開通。
12/21『ファンタシースターオンライン』(DC)発売。
12/31「インターネット博覧会―楽網楽座」(通称インパク)が開幕。